我が家の 『ミニバン計画』 はじまる! d( ̄◇ ̄)b

クルマ好きにとって最大の障壁であり、避けては通れないのが家族構成
や時代考証による車輌の変化。遂に我が家にも 『ハコ車』 の必要性が
否定出来なくなり、購入に踏み切る事となりました。
以前は姉兄もいたので 【HONDA ACCORD – WAGON】 や
【TOYOTA HARRIER】 といった大型車に乗った頃もあったのですが、
姉兄が結婚等で家を出た事、父母が運転しなくなった事から、欲しかった
コンパクトカーに乗り替え、 【CITROEN C2】 や 【BMW MINI】 を所有
してきました。
僕としてはキビキビ走るホットハッチに大満足なのですが、家族から
すればナンとも不合理なクルマにしか見えず、低評価。 (; ;)
更に輪をかけて決定的となったのは、過日の 『箱根旅行』 。
NISSAN CUBE】 をレンタルしたのですが、コレが以外や大好評。
乗り心地が良いは、荷物をぢゃんぢゃん飲み込むは、燃費は低いはと、
良い事ずくし。さすが日本の大衆車、安くて合理的で機能的で扱い易い
のですから、非の付け所がありません。
予想に反してコイツが大活躍しやがったものですから (▼皿▼ #) 、
家族から 『ミニバンニーズ』 が一気に高まっちまったワケです。
「良いねー、ミニバン ――、」
「ギクッ、」
「それに比べてあのキイロいのは ――、」
「ドキッ、」
「乗り降りし辛いし ――、」
「・・・ (汗) 、」
「乗り心地悪すぎるし ――、」
「・・・・・・ (大汗) 、 」
「荷物もぜんぜん載らないし ――、」
「・・・・・・・・・ (滝汗) 、」
言い返せず、会話終~了~! m(>  <、m)
父母もワンコも歳を重ねてきているので、容易な乗り降りと快適な座り
心地を兼ね備えたクルマであちらこちらに連れ出すアシが必要となって
きたし、今後実家業の関連で荷物を載せたりする事も考えると、いよいよ
ミニバンを購入して乗りつぶす覚悟が必要と相成りました。
御愁傷様・・・。 (T ‐ T)
が、しかーし!
『転んでもタダでは起きない』 ワタクシの事、 「どうせ購入するなら運転
が楽しめる、ポップでカラフルでエキセントリック (?) な MPV はない
かしら?」 と Web を徘徊していると ――、
OH! あるではないですか!
C3PicassoArgo01
コレが!
CITROEN C3 – Picasso】 !
日本の狭こましい道路にジャストフィットなサイズ。そしてなにより
この丸っこくて角ばったキュートでクールなデザイン!
C3PicassoArgo03
並行輸入の為、左ハンドル & 5MT です。
ボディーカラー名称は 【Bitter Lemon】 。
C3PicassoArgo04
明るいヴェールとノワールのコントラストが絶妙です。 (^~^)
愛称は、【ARGO】 と命名。
C3PicassoArgo05
人や荷物を沢山載せる目的から、神話に出てくる金羊毛を探す
船の名にちなんでつけました。
☆彡 16inch タイヤと【C3】 譲りのしっとりとしたサスペンション、
☆彡 おフランス車の常であるクッション性バツグンのほんわかシート、
☆彡 ルーフ全体の 70% にまで及ぶ解放感ばっちりのグラスエリア、
☆彡 前席より一段高く見晴らしの良いリクライニング付き後部座席、
☆彡 特急列車気分のテーブル付シートバックとシェード内蔵ウィンドウ、
☆彡 アロマディフューザー機能、クーラーボックス、床下収納まで装備、
「これでもか」 と言わんばかりの快適ギミックてんこ盛り!
日本導入されなかったのは、元々 MT しかなかったからだとか。
今時 AT 仕様がない新型車も珍しいです。
実はこのクルマ、取材およびイベントに使用しただけの新古車であり、
某雑誌の試乗レポートのクルマそのモノだったりします。
C3PicassoArgoTipo
毎月欠かさず購読している愛読書♪ (^・^)
でもまさかこのクルマを買う事になろうとは夢にも思いませんで・・・。
さて、インプレッションですが ――、
MINI One & Cooper】 および 【PEUGEOT 207】 と同じ BMW 製
ユニットを搭載。 1,300kg 近い車重に 1.6L の NA エンジンなので
決して速くないし、トルクも 16kg 程度なので、力持ちとまではいきません
が、 軽いクラッチと長めのシフトストロークと相まって、のびやかな吹け
上がりが爽快です。
C3PicassoArgo06
どこかで見たようなエンジンフード・・・。 f(- - ))))
キャビンの質感はかなり向上し、高級車っぽく感じます。
C3PicassoArgo07
高速巡航ではしっかりしていて、 1,620mm の背高でありながらも直進
安定性のネガはなし。
アップライトな視線とかなり軽いステアリングフィール、特に驚いたのは
高い遮音性。コレがまた静かなんですナー。
つまりは、 【AARON】 君とは正反対な性格のクルマなワケです。
(^ ^)b
バンパーの一部を黒く塗装。
C3PicassoArgo02
車内には PND 、 ETC 、ドライブレコーダーを追加しました。
長いストロークのシフトノブ。
C3PicassoArgo08
クニャッとゆるい節度感は 【PSA】 グループ車のお約束 (?)
でかーい、ひろーいグラスルーフ。前後からシェードが閉められます。
C3PicassoArgo09
後部座席のサイドウィンドウにもシェードが付いています。
光源透過式の凝ったつくりのメーターナセル。
C3PicassoArgo016
ウィンカーの音は相変わらず 「ポクポク」 と木魚の音がします・・・。
他にも面白いギミックがコレ。
シートバックテーブル! (^0^)
C3PicassoArgo010
床下収納! (^0^)
C3PicassoArgo011
クーラーボックス! (^0^)
C3PicassoArgo012
パフュームデュフューザー! (^0^)
C3PicassoArgo013
広大なラゲッジスペース! (^0^)
C3PicassoArgo014
2段式で下段には折畳みチェアとタイヤチェーンを収納済!
フルフラット状態ではご覧の通り!
C3PicassoArgo015
後部座席が自動的に下面に下がる仕組みです。
これからはお茶目なミニバン君が加わったので、家族と荷物と
ワンコを載せて、日々のお出掛けから旅行まで、移動が一層
楽しくなりそう♪
w(^~^)w

Filed under: 日記 — はまっこ 23:31
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: