【WIND】 で 『WIND』 を感じて

穏やかな晴れ間の今日この頃、おフランスのオープンカーを 1日 レンタルして
乗ってきました!
 
RENAULT WIND】 !
20111018_01
RENAULT – SPORT】 が手がけたオープン2シータースポーツカーです。
 
RENAULT – WIND】 販売促進キャンペーンの一環として、提携企業である
日産】 のレンタカーで期間限定 3時間 無料のレンタルをしています。
オープンカーなんてなかなか乗る機会がないので、このキャンペーンを利用して
6時間 レンタルしてみましたが、それでも保険込で ¥4,200 とお得です!
 
ベースはこれ、 (^ ^)q
RENAULT TWINGO_RS_GORDINI
TWINGO – RS】 !
シャシー ・ エンジン ・ ミッションはそのままで、『革』 だけ取り替えたのですが、
見事に完全 CC に生まれ変わっていますね。元々サーキット走行もこなす
ヤンチャな高機動車なので、ポテンシャルの高さは保証されているようなモノ。
 
このモデルのチーフデザイナーは日本人だと聞いています。小型ながらも十分
なボリューム感が見事!
20111018_02
20111018_03
良~く眺めてみると、かなり凝ったディテールをしており、光陰の反射がとても
キレイに映えるボディラインをしています。
 
六本木の取扱店舗で車輌を受け取ると、まずは都内をクローズドでドライブ。
メタルルーフなので、コンパクトクーペ然としたタイト感とキビキビした素早い
回頭性能にオドロキました。 w(・ 0 ・ w)
 
134hp、3,300回転 で 16.0kg のトルクを発揮するエンジンは NA なので、
踏み込んだ分だけしっかり伸び上がり、質量に見合った十分なパワーを
引き出してくれます。
20111018_04
エンジン音は高音で、反してマフラーからは結構野太いノートが出て、レーシーな
雰囲気満点です。
 
ルーフは Bピラー を支点として回転するシンプルな仕組である為、 開閉時間は
わずか 12秒 しかかかりません。
20111018_05
トランクには補強用のタワーバーがわたしてありますが、このクラスとしては
かなり広いので、買物は勿論、旅行カバンも余裕で入るので、実用的です。
 
キャビンは 『プラスティッキー』 ですが、オープンカーなのでお手入れ
簡単♪ スイッチ類も大きくて操作しやすく、使い勝手に優れています。
20111018_06
並な質感ながらも、遊び心にあふれるデザインが十分補って余りありますね。

スポーティーで視認性に優れる 3眼 メーター。タコメーターのゲージが 『キイロ』
なのは 【RENAULT – SPORT】 シリーズのお約束アイコンです♪
20111018_08
【シフトアップインジケーター】 付。思いっきり無視していましたが・・・。
 
インテリアの最大の特徴は、メーター上部のキャノピー。
20111018_07
ドライバーの視点から見ると 「ステアリングが付いたバイク」 のカウルが
ヤル気にさせてくれます。

ミッションは 5段で、 変速比は 【TWINGO – RS】 と同じだとか。
20111018_09
かなりショートストロークで、手首で 「カチッ、カチッ」 とスナップチェンジ
出来るのは意外! クラッチも重くないし、ミートも容易でした。
 
シートは見た目は控えめですが、結構深くて厚手のクッションが高いホールド性
を発揮、快適な座り心地で半日のドライブも全く疲れませんでした。
20111018_010
このシート、メチャメチャ良かったナ~。一脚ほしー・・・。 (^ ・ ^;)
 
 
 
さぁ、おなじみ 【芦ノ湖スカイライン】 にやってきました。
20111018_015
ではそろそろ・・・、
 
 
 
変形ー! 。(^0^)o 
 
 
 
20111018_011
 
20111018_012
 
20111018_013
 
 
 
やっぱりこういうギミックは男子にはタマりません・・・!
 
 
 
いざ、解放されたコックピットでワインディングへ!
20111018_014
秋の風に当りながら爽快~! 平日だから殆ど貸切状態~! o(> ◇ <)o
 
 
サスペンションは、フロントは定番の 【ストラット】 ですが、リアは珍しい事に
【ツイストビーム】 を採用しており、ピョコピョコとした挙動にならないかと最初は
不安でしたが、踏み込んでみると、これがまたしっかりと足元が粘り、かつ硬い
感触はありません。
エンジン ・ ボディ ・ サスペンションが 『三位一体』 で全体の重量配分と構造を
統合し、過重と負荷を相殺する事で、高い運動性を発揮させている事が分かり
ます。
つまり簡単に言ってしまえば、やたらと豪華絢爛なデバイス類を詰め込んだり、
必要以上の剛性を謳ったり、エンジンパワーに頼りまくるスーパーカーとは
違い、車輌の基本をじっくりと煮詰めた 『ホントに楽しい』 素直なクルマである、
という事です。
 
 
気になった点は、
■ 高回転型で、 ~ 4,000 回転で丁度良いので、燃費が 9km / L 程度
■ ブレーキの踏力が結構必要だった事
■ 構造上の問題か、ギアがアクセライズの度に僅かに 『動く』 事
■ 【ホーンボタン】 がナンと 【ウィンカーレバー】 にあった事 (!)
■ またしても後付感満点のナビが 【ハザード】 ボタンを思いっきり邪魔して
   いる事 (!)
 
 
理屈はとにかく、鈍感な僕がこれだけ評するのですから、かなりデキが良いと
言う事です・・・! (^◇^;A)
 
 
あっという間に 6時間 が過ぎてしまいましたが、久しぶりに存分に
スポーツドライビングを楽しませてもらいました! (^~^)
20111018_00
 
 

Filed under: クルマ,日記 — はまっこ 01:39  Comments (0)